名刺に入れるデザインと印刷する紙質

名刺のデザインを考案する場合、指名、役職名、住所、メールや開設しているホームページのアドレス、連絡先として使っている番号など主に名刺に入れることが決まっているとわかりやすいのですが、入れる内容でレイアウトも変わってくるのがほとんどだからです。
デザインも専門の業者に依頼すると何種類か参考にする材料として最初に作ってもらえるのが大半でもありますが、それにあわせて料金が発生してくるのが一般的になります。
あとは名刺の紙質、何色で印刷するのかといったことから発注する枚数までがはっきりとしてくると見積も出してもらうのも可能ですが、頼む業者ごとで質も左右されやすくなります。
どの業者を何の基準で判断するかがもっともですが、客観的なデザインの名刺となってくると低価格な相場から依頼をお願いしやすくなってくる場合もありえます。
印刷の会社に直接行って話を聞いてみるのもありですが、役に立つ意見も聞きやすくなってくれます。

小ロットやサンプル品の製造も東京フェライト製造株式会社では承っています

様々なサービスで株式会社ピクチャーはお客さんの要望にお応えしています

最新記事

  • 名刺のデザイン料にかかってくる主な相場であると基本的には業者にサンプルを見せてもらうと色々な見本が提 …

    詳細はコチラから!

  • 名刺は自己紹介のために交換されたり、職業上の礼儀で交換するのは日本人だけじゃないです。
    韓国、 …

    詳細はコチラから!

  • 名刺の多くは、一定のレイアウトに沿って作られています。
    たとえば縦書きのものだと一番右、横書き …

    詳細はコチラから!